田小屋野貝塚の人骨出土地点を見学する参加者。ガイドの高校生が発見された人骨の状況や向きなどを再現した

 世界文化遺産の推薦候補に決まった「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産である、青森県つがる市の亀ケ岡石器時代遺跡と田小屋野貝塚で17日、「JOMON亀ケ岡遺跡まつり」が開かれた。木造高校生徒がガイドを務める「田小屋野貝塚ウォーク」が行われ、県内外から参加した約80人が遺跡を巡り歩き、縄文時代の暮らしに思いをはせた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。