県内企業が数多く出展した合同企業説明会=16日、青森市

 来春卒業する大学生らの就職活動が後半に入っているが、青森県内企業からは今年も「内定を辞退する学生が多い」と苦慮する声が上がっている。ここ数年の人手不足で企業側の採用意欲が旺盛な一方、複数社から内定を得たり、内定を得た後も給料や希望職種など、より良い条件の会社を探し続けたりする学生が多いためだ。県内企業の中には、内定通知した学生の約半数が辞退してしまったケースも。全国規模で繰り広げられる激しい人材獲得競争が県内で深刻化している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。