青森県十和田市が、中心街のみちのく銀行旧稲生町支店解体跡地に整備する(仮称)「地域交流センター」を設計することが決まった藤本壮介氏(48)は2007年度の日本建築大賞受賞者。中心街では08年以降、西沢立衛(りゅうえ)氏による現代美術館(現美)、隈研吾氏の市民交流プラザ「トワーレ」、安藤忠雄氏の市民図書館・教育研修センターと、半径500メートル以内に世界的建築家による公共施設が次々と誕生している。藤本氏で4施設目となり、同市は“有名建築家作品群の街”として脚光を浴びそうだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)