戦前の故郷の写真を眺める長谷川さん=3日、根室市内
【写真上】戦前撮影された択捉島留別村入里節の集落の街並み(千島歯舞諸島居住者連盟提供)【写真下】長谷川さんが一昨年択捉島を訪れた際、親族の墓の周辺は立木で覆われていた(本人提供)

 旧ソ連による北方領土の占拠で強制的に島を追われた元住民が、島の返還を求め続けている。引き揚げた青森県横浜町で2年間を過ごした長谷川ヨイさん(85)=根室市=もその一人。「目をつぶれば島のことは何でも思い出せる。死ぬ前に1週間でも暮らしたい」。帰島を夢見て72年。思いはかなえられずにいる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)