予選リーグで対戦する福島県立磐城高(左)と石川県立金沢錦丘高=17日午前、松山市

 高校生が5人1チームで俳句の出来栄えや鑑賞力を競う第22回「俳句甲子園」の全国大会が17日、松山市の商店街の特設会場で開幕した。22都道府県から計32チームが出場し、弘前高、星野高(埼玉県)、名古屋高B(愛知県)、和歌山県立向陽高の4チームが18日の決勝リーグへの進出を決めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)