第101回全国高校野球選手権大会第10日は16日、兵庫県西宮市の甲子園球場で3回戦4試合を行った。青森県代表の八戸学院光星は海星(長崎)を7-6で破り、5年ぶりの8強進出を決めた。次戦の準々決勝は大会第12日の18日、第1試合(午前8時開始予定)で明石商(兵庫)と対戦する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。