健診後のみらいと触れあう子どもたち

 みらい、大きくなったね。青森県八戸市の水産科学館マリエント(吉井仁美館長)で8日、アオウミガメ「みらい」の健康診断が行われた。みらいは昨年の健診より甲羅の長さ、幅ともそれぞれ0.6センチ大きくなり、飼育スタッフや来館者は成長ぶりを喜んでいた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)