【北京共同】中国国家統計局が14日発表した7月の工業生産は前年同月比4・8%増だった。伸び率は2002年2月(2・7%増)以来、17年5カ月ぶりの低水準。米中貿易摩擦の影響で製造業の低迷が止まらない。

 伸び率は6月と比べて1・5ポイント低下した。自動車や金属加工機械での下落が目立つ。

 トランプ米政権は9月に予定していた対中制裁関税「第4弾」の一部を延期すると表明したが、貿易摩擦の収束は見通せない情勢だ。

 1〜7月の固定資産投資は前年同期比で5・7%増えたが、伸び率は1〜6月と比べて0・1ポイント減速した。

(共同通信社)