JR四国は14日、台風10号の接近に伴い、同日午後3時ごろから予土線など四国南部の線区を中心に順次運転を見合わせると発表した。15日は始発から瀬戸大橋線を含む四国の全線で終日運休する。

 14日に運休するのは、予土線、牟岐線、徳島線のほか、土讃線の高知―窪川間、予讃線の松山―宇和島間。

 14、15両日は、東京と高松を結ぶ寝台特急「サンライズ瀬戸」の運転を見合わせる。

(共同通信社)