栗谷川渡さんから届いた手紙を見る孫の柳子さん(右)と松尾さん。手前中央の乳幼児の写真が渡さんが出征前日に撮影したもの
渡さんが戦地などから実家に送った手紙、はがき

 セピア色に染まった乳幼児の写真。青森県三戸町在住の元高校美術教師、松尾篤郎さん(77)の生後6カ月の時のものだ。松尾さんの母が、翌日出征する「ライト写真館」店主、栗谷川渡(わたる)さんに別れのあいさつをするため訪れ、撮影してもらった。松尾さん家族は同写真館で折々に写真を撮ったが、右下に「ライト」の文字が残るのは、この写真だけ。「写真に刻まれた文字を見ると、何かを託されたような気がするんです」

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。