30日から常設のアウトレットフロアを展開する中三弘前店の、レディースフロアとなる5階のイメージ(中三提供)
中三弘前店=弘前市土手町

 建て替えのため4月末に青森市新町の青森店を休業した百貨店「中三」(木村中(あたる)社長)が、弘前市土手町の弘前店で新しい形態の百貨店づくりへ挑戦している。改装によって常設するアウトレットフロアを30日にオープンさせ、4、5階の計約5千平方メートルに約80ブランドを展開。その他のフロアも順次、品ぞろえを変えるなどの改革を進める方針だ。郊外型大型店とは異なる中心街での「都市型アウトレット」といった新たなサービスを提供し、若者や県外客を含め幅広い客の取り込みを狙う。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。