世界文化遺産を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の国内候補推薦見送りを受け、申請していた青森県と北海道、岩手県、秋田県の担当者が1日、東京都内で会議を開いた。文化庁から示された課題について共通理解を深めた上で、来年度の推薦を目指し、引き続き4道県で一致協力していくことを確認した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)