水槽で展示されている稚魚
完全養殖クロマグロの稚魚(右下)を眺める来館者=11日正午ごろ

 青森市の県営浅虫水族館で11日、大分県佐伯市の日本水産(ニッスイ)中央研究所大分海洋研究センターから搬入した完全養殖クロマグロの稚魚の公開が始まった。ただ10日夕に約100匹生存していた稚魚は、11日午後6時時点で6匹までさらに減少。同水族館は、1匹でも生きているうちは展示を続けるとしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。