原子力規制委員会は9日、日本原燃六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の安全審査会合を開いた。原燃は同工場に近い出戸西方断層周辺の追加調査の結果、長さ約11キロとする従来の評価は変わらないと報告。規制委はさらに確認が必要な事項があるとして引き続き説明を求めたほか、同断層周辺の現地調査を9~10月に行うことを決めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)