2017年6月、八戸工業高等専門学校の当時の男子学生が友人の父親から脅迫を受けその後自殺未遂をした問題で、高専側が、学生の家族から提出を受けていた遺書のコピーを破棄していたことが8日までに、高専への取材で分かった。同校によると、校長の判断だったという。遺書には「教師に裏切られた」という内容が記載されていた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)