電気代、維持費を削減

 青森市野木の建設機材販売会社タケナカは、浅部地中熱を利用した環境に優しい融雪システム「GeoHeat(ジオヒート)」を販売している。

 同システムは極寒期でも温度が安定している地中熱を有効活用し、低ランニングコストを実現することで融雪にかかる費用を削減。ボイラーが不要なため、維持費を大幅に削減でき、CO2排出量の抑制にもつながる。

 設置費用は融雪面積40平方メートル(1ユニット)につき約250万円。1カ月の電気代は3400円程度(標準モデル)で電気ヒーター融雪の約10分の1、灯油融雪の約5分の1に抑えられる。融雪施設の設置支援制度も利用できる。ローンでの支払いも可能。今冬に設置希望の場合は8月中の申し込みを勧めている。問い合わせは同社(TEL017-739-8888)へ。