大勢の人でにぎわう三沢基地航空祭=2017年9月10日

 例年10万人近くが訪れる三沢基地航空祭(航空自衛隊三沢基地主催、米軍三沢基地共催)で、昨年まで会場と青森県三沢市内の自家用車向け臨時駐車場3カ所を結んでいたシャトルバスの運行が、今年は休止となることが7日分かった。基地を管理する米軍の安全対策強化に伴い、同市内の団体がバス運行を断念したため。市中心街の混雑の激化や、来場者が会場まで数キロ歩かなければならない-などの影響が予想される。9月8日の今年の航空祭まで1カ月。代替策の検討が続いている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。