函館市で出土した足形付土版。子供の成長を願ったり、亡くなった子供の形見として作られたとされる=八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
海獣や水鳥などを表現しているとされる動物形土製品

 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館で、特別展「北の縄文世界-北海道・北東北の縄文遺跡群-」が開かれている。同館の市川健夫主査学芸員は「世界遺産への推薦候補となり喜ばしい。この企画展を通して、たくさんの人に縄文文化を知ってもらえれば」と話す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)