水田を見回り、稲の生育状況を確認する農家=5日午後5時半ごろ、つがる市木造善積地区

 津軽地方を中心に雨が少ない状態が続き、津軽ダム(青森県西目屋村)の貯水量が低下していることを受け、東北地方整備局青森河川国道事務所は5日、岩木川に流れるかんがい用水の取水量を2割ほど減らすことで、津軽ダムの放水量を抑える方向で調整に入っていることを明らかにした。流域の生産者らと協議し、合意に至った地域から順次、制限を行う考え。同事務所は「遅くとも8日ごろから実施したい」としている。実施に踏み切れば津軽ダム完成以来初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)