フィリピンの語学学校で一対一の英会話レッスンを体験する大谷学長(右)(八戸学院大学提供)

 国際社会で活躍できる人材を育成しようと、八戸学院大学と八戸学院光星高校は来年度から、学生・生徒がフィリピンの語学学校「CNE1」に短期留学しやすくする制度を始める。同大学の大谷真樹学長と同高校の小野崎龍一校長が19日、同高校で発表した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)