協定書を手にする(右から)戸田村長、北川社長、葛西部長

 発電所の電気・設計工事、メンテナンスなどを行う「クリハラント」(本社大阪市、北川進社長)は13日、青森県、六ケ所村と、青森県2カ所目となる事業所開設に関する協定を結んだ。同社は、日本原燃が運営する核燃料サイクル施設の配管・計測機器などのメンテナンス業務に参画。新規制基準対応の工事増加に加え、さらなる業務拡大を目指し、新社屋を原燃近くの弥栄平地区に着工、2018年4月の開設を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)