「手品のネタは細かいのも含めると千種類ぐらい」と話す如月さん=東京・品川の事務所

 空の缶がいつの間にかジュースで満杯になっていたり、消えたコインが突然コップの中に落ちてきたり…。すご腕のマジックをテレビ番組で披露し、お茶の間を沸かせている青森県人のマジシャンがいる。如月(きさらぎ)琉(りゅう)さん(36)=本名非公表、大鰐町出身=だ。弘前高校から早稲田大学政経学部に進学し、中退してマジシャンになるという異色の経歴の持ち主。安定した道を選ばず、あえて「夢」に挑んでいる。青森県出身を前面に押し出し、目指すは「青森が生んだ全国区のマジシャン」だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)