主将としてコバルトーレ女川を引っ張る成田(前列左)=2日、弘前市運動公園球技場

 東日本大震災で被災した宮城県女川町が拠点のサッカーチーム「コバルトーレ女川」(東北社会人リーグ1部)で、青森県七戸町出身の成田星矢(31)が奮闘している。今季目標に掲げる日本フットボールリーグ(JFL)昇格に向けて、2日はブランデュー弘前FCを2―0で下し、リーグ首位を堅持した。復興途上にある港町で希望の星になろうと、主将としてチームを引っ張っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)