昨年1月に空自三沢基地に到着したF35Aの1号機。鮫島建一・同基地司令(左)は「飛行安全の確保」を訓示したが、今こそ空の安全が求められる(撮影・斉藤光政)

 空自三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの飛行再開が、29日の青森県容認によって本決まりとなった。4月9日の事故発生から4カ月足らず。地元の三沢市がすでに受け入れの考えを示していただけに、防衛省としては既定路線なのだろうが、F35Aとしては世界初の墜落事故。しかも、日米による前代未聞の大規模な捜索・回収作業が展開された経緯があるだけに、関係者からは「まだ早すぎるのではないか」という疑問の声が上がっている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。