青森県沖の太平洋で航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故を巡り、三村申吾知事は29日、同型機の段階的な飛行再開を了承する考えを明らかにした。