ニホンジカ対策などについて関係者が情報を共有した会議

 青森・秋田両県や関係省庁などでつくる白神山地世界遺産地域連絡会議は5日、弘前市民会館で会議を開き、繁殖力が強く、植生への影響が懸念されるニホンジカの有効な捕獲方法を検討していくことなどを確認した。環境省は昨年度の越冬地調査の結果を踏まえ、今冬、猟銃による捕獲を試みる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)