試合前に握手を交わす日本と台湾の選手たち
安打を放つ須藤(聖愛高出)

 ソフトボール女子のU―19(19歳以下)台湾代表が4日、青森県弘前市のはるか夢球場で強化合宿をスタートさせた。同市と台湾ソフトボール協会が昨年11月に交わした2020年東京五輪・パラリンピックの事前合宿に関する基本協定の一環。7日まで同球場で練習や強化試合を行い、9日に帰国する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)