2人一組になって車いす対応を体験する参加者

 青森市営バスの50代男性運転手がバスに乗車しようとした車いすの40代女性に不適切な対応をした問題で、市交通部は27日から東部、西部営業所で改善に向けた研修を始めた。車いすの対応に特化した研修は、今回が初めて。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)