弘前大学は26日、2020年度から、医学部医学科の青森県内定着枠で入学した人が卒業後に関連施設で働く義務年限を12年間から9年間に短縮することを発表した。法改正や国の指針に合わせた措置。大学側は、義務年限が短縮されることで地域医療に対する影響はない-としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)