青い森ホールで新たに上映が始まる冬の映像(県観光連盟提供)

 青森市の県観光物産館アスパム2階にある、青森県の自然や文化を季節ごとにまとめた映像を360度の大型スクリーンで上映する「青い森ホール」が27日、グランドオープンする。これまで上映していた夏と秋の映像に加え、冬と春の映像を新たに公開。関係者は「幻想的な冬と色鮮やかな春の様子を、迫力ある映像で楽しんでほしい」とPRしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。