つがる警察署の看板のうち「署」の上に作られたツバメの巣で、5羽のひなに餌を与える親鳥

 青森県つがる市のつがる警察署(大友明夫署長)の正面玄関で、ツバメのつがいが巣を作り5羽のひなを育てている。親鳥が戻ってくるたびに、黄色いくちばしを一斉に大きく開けて「ピイ、ピイ」と鳴きながら餌を求める姿が愛らしく、署員たちが優しく見守っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。