畑で小玉スイカを収穫する五農生

 青森県五所川原市の五所川原農林高校の生徒が23日、授業の一環で障害者が行う小玉スイカの収穫を手伝い、農業を障害者の雇用の場として活用する「農福連携」について理解を深めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)