書き割りを終えた人形ねぷたを見つめる黒志天命會の会員ら=7月上旬、黒石市内

 30日に開幕する黒石ねぷた祭りを活気づけようと、本年度に50歳の節目を迎える有志が出陣する。祭りで近年減っている人形ねぷたを制作。「祭りに興味を持つ子どもが増えてほしい」「故郷に恩返しを」。さまざまな思いを胸に、市街地を練り歩く。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。