「テープを貸して」「はいどうぞ」。協力し合いメッセージツリーを作る青森県と韓国・済州の児童

 青森県と韓国・済州(チェジュ)特別自治道は22日、青森市の青森公立大学国際交流ハウスで子どもたちの美術交流を行った。青森県と済州の小学生ら計19人が「メッセージツリー」作りを通じて、グローバルな視野と友情を育んだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。