当確の報を受け支持者らと万歳三唱する滝沢氏=21日午後10時0分、青森市第二問屋町の選挙事務所
※画像をクリックすると拡大表示されます。

 現職と新人の計3人が立候補した青森県選挙区(改選1)は、自民党現職の滝沢求氏(60)=公明党推薦=が23万9757票を獲得し、野党統一候補で立憲民主党新人の小田切達氏(61)=社民党推薦=との激戦を制して再選を果たした。小田切氏の得票は20万6582票で、3万3175票差だった。自民党は、参院青森県選挙区の1議席を守った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。