参院選青森県選挙区(改選1)は20日、政治団体「NHKから国民を守る党」新人の小山日奈子候補(53)、自民党現職の滝沢求候補(60)=公明党推薦、立憲民主党新人の小田切達候補(61)=社民党推薦=による17日間の選挙戦を終えた。滝沢候補と小田切候補の事実上の一騎打ちとなり、自民、立民両党は大物弁士を続々と投入。6年半にわたる安倍晋三首相(自民党総裁)の政権運営への是非を巡り、与野党候補が舌戦を繰り広げてきた。開票結果は22日午前0時ごろまでに大勢が判明する見通し。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)