聖愛中高の文化祭のステージでCDデビューを報告しながら歌声を披露したライスボールの(左から)水愛さん、美土里さん、太陽さん

 「人生の最後の瞬間に/食べたいものを訊(き)かれたら/大事な人がにぎるおにぎり/愛された証」-。青森県弘前市の「お米アイドル」ライスボールが8月、おにぎりと家族の情愛を描いた曲「掌(たなごころ)」でCDデビューすることが決まった。昨年12月の曲完成以来、県内各地のイベントなどで歌われており、情感豊かな歌詞とメロディーが「泣ける曲」と既に話題を呼んでいる。20日、弘前市の聖愛中学高校の文化祭でお披露目のステージに立ち、同世代の若者たちを前に思いを込めて歌った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。