【ワシントン共同】トランプ米大統領は19日、緊張が高まる日韓の対立を巡り、まずは日韓同士で解決に努めてほしいとの本音を漏らした。北朝鮮やイランなど外交課題が山積する中、いずれも米同盟国である日韓の仲介を担うのは「専従を要する仕事」。日韓の板挟みにもなりかねず、韓国の文在寅大統領の仲介要請に苦慮しているようだ。

 トランプ氏が文氏の要請を受けた際「私はいったい幾つの問題に関わらないといけないのか」と応じたことについて、ブルームバーグ通信は「トランプ氏が嘆いた」と伝えた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む