【ロサンゼルス共同】「マンホール」は「メンテナンスホール」に―。米西部カリフォルニア州サンフランシスコ郊外のバークリー市議会は19日までに、ジェンダー問題の意識の高まりを受け、公文書から性別を特定する表現を排除しようと用語を置き換える条例案を全会一致で可決した。来週の投票で変更が確定する。AP通信などが伝えた。

 市によると、労働力を意味する「マンパワー」は「ワークフォース」や「ヒューマン・エフォート」に、警察官を意味する「ポリスマン」「ポリスウーマン」は「ポリスオフィサー」に置き換える。「彼」「彼女」などの代名詞も使用を避ける。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む