青森県産業技術センター林業研究所(平内町)が昨年度に開発したキノコ「アラゲキクラゲ」の新品種について、県林政課は19日、現在県内の16経営体が試験栽培に取り組んでおり、試験栽培で得られたデータを反映させ普及のためのマニュアルを作成する考えを示した。同日開かれた県議会農林水産常任委員会で、山田知委員(無所属)の質問に答えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)