認知症について情報交換をしながら理解を深めたカフェ

 認知症への理解を深めてもらおうと、青森県三戸町地域包括支援センターと三戸中央病院は17日、同町の喫茶店「ちょっとbreak(ブレイク)」で、家族からの体験談や医師の講話などを聞きながら自由に情報交換する「オレンジカフェ SUN・SUNさんのへ」を開いた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)