【写真右】滝沢候補の応援演説をする安倍首相=19日午前、弘前市【写真左】小田切候補への支持を訴える枝野代表=19日夜、青森市

 参院選最終盤となり、青森県選挙区の立候補者応援のため、安倍晋三首相(自民党総裁)と立憲民主党の枝野幸男代表は19日、それぞれ青森県入りした。公示後の来県は共に2度目というてこ入れ。安倍首相は「まだ2位なんだ」と自民党現職・滝沢求候補(60)への支持拡大を訴え、枝野代表は「もうあと一押し」と野党統一候補の立憲民主党新人・小田切達候補(61)への力の結集を要請。与野党トップが激しく火花を散らした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)