貯蔵区域で施設や模擬キャスク(奥)の説明を受ける山中委員(中)ら=18日午前、むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設

 原子力規制委員会の山中伸介委員は18日、青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を現地調査した。終了後、山中委員は今後の審査について、使用済み燃料を収納するキャスク(金属製容器)の性能評価が基本になるとの見解を示した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)