アマゴイルリトンボのオス
メス=ともに2011年7月、六ケ所村(奈良岡弘治さん提供)

 アマゴイルリトンボという、極めて珍しい分布のトンボが六ケ所村に生息していることはあまり知られていない。他の生息地は長野・新潟・福島・山形4県。宮城・岩手・秋田3県を挟み、一番近い山形でも250キロ以上離れているため、専門家は「下北半島に完全に孤立しているとなると、一度消滅すれば回復は絶望的。他地域との遺伝的な分化が進んでいる可能性もあり、生物学的にも貴重」として早急な調査・保護の必要性を指摘する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)