流木やペットボトルに色を塗って人形を制作する参加者

 青森県平内町の山村開発センターで15日、漂着ごみから人形を制作するワークショップが開かれた。町内の親子ら15人が、ペットボトルや流木、発泡スチロールなどの漂着ごみを組み合わせ、人形づくりを楽しんだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。