青森空港に着陸するエバー航空青森-台北線の第1便=17日午後2時51分

 青森空港と台湾・台北市郊外の桃園空港を結ぶエバー航空(台湾)の国際定期便が17日、就航した。台湾からの観光客ら148人が乗った第1便は午後3時ごろ青森空港に到着し、関係者がテープカットして就航を祝った。青森-台北線は週2往復運航し、11月から来年3月までの冬期間は週5往復に増便。青森県では観光面やビジネス面での波及効果が期待される。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。