白神山地のニホンジカ対策などを申し合わせた青森県側の巡視員会議

 青森・秋田両県や関係省庁などでつくる白神山地世界遺産地域連絡会議は10日、西目屋村中央公民館で、本年度1回目となる青森県側の巡視員会議を開いた。入山マナー向上のため巡視活動をPRすることや、7、8月に1回ずつ合同パトロールを行うことなどを申し合わせた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)