容器に入ったまま三沢漁港に水揚げされるスルメイカ=17日午後4時25分
三沢漁港に水揚げされたスルメイカ

 青森県三沢市漁協が「三沢昼いか」として売り出している太平洋沖のスルメイカ漁が本格化し始めている。漁獲量が平成で最低だった昨年よりさらに取れだすのが遅く、関係者は不安を抱えながらも水揚げ回復に期待を寄せている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。