タイ政府が青果物の選別・梱包(こんぽう)施設を対象に新設した食品衛生規制が、8月25日から本格運用される。青森県からはタイにリンゴが輸出されており、今後も有望市場と見込まれる中、リンゴを出荷する施設は一定の衛生管理基準を満たしていることを証明する必要がある。タイの要求する内容と同等の国際規格は複数あり、これに加え都道府県が発行する証明書も利用できることになった。県や県内の輸出事業者は、リンゴの収穫期を前に対応を迫られている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)