トークセッションする左から廣瀬さん、アントニオ選手と、アラナ選手(右)

 ブラジル視覚障害者柔道チームが2020年東京パラリンピック出場を目指し合宿中の青森県弘前市で13日、パラ応援&体験イベントが開かれた。会場となった中三弘前店には約50人が訪れ、ドキュメンタリー映画の上映会とパラ柔道メダリストらによるトークセッションを通して、パラ競技への理解を深めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)